~維新碑探訪~

イメージ

児玉家屋敷跡・児玉大将産湯之井戸
1852年に源太郎が生まれた場所。父の死後、家督を相続した義兄の次郎彦がこの場所で暗殺され、源太郎らは居を移す。明治になり栄典を遂げたのちにこの場所を買戻し、児玉文庫を開設した。(戦火で焼失)
周南市岐山通り3丁目

イメージ

児玉神社
大正12年に地元有志により源太郎を祭神として創建された。境内には徳山七士の碑や、山縣有朋・後藤新平・李登輝などによる石碑など、源太郎にまつわる記念碑が多く建てられている。
周南市児玉町1丁目

イメージ

児玉源太郎銅像
児玉神社横の公園に設置されている銅像。平成23年に源太郎を顕彰するために設置された。
周南市児玉町1丁目

イメージ

陸軍大将子爵児玉源太郎卿遺髪塔
明治39年7月24日に死去した源太郎の遺髪が収められている。(墓は東京青山墓地)。横には児玉家の墓・兄の次郎彦の墓などと並びたてられている。
周南市大字徳山