~維新碑探訪~

イメージ

村田清風旧宅
清風が生まれた家で、15歳の萩に移り住むが、1845年(弘化2)以後は再びこの家に戻り、1855年(安政2)に病死するまでここで過ごした。
建物の向かいには村田清風記念館があり、彼の遺品や書を見学することができる。
また墓はこの旧宅の西約100mの大歳山の麓にあり、墓前に高さ2mの鳥居が立っている。
長門市三隅下沢江2510

イメージ

村田清風別宅跡
藩政にたずさわった約25年間を過ごしたといわれている場所。現在は長屋門だけが残り、母屋跡に顕彰碑が建っている。
萩市平安古町334-3