どこいくん?|山口ケーブルビジョンの情報番組|月2回 1日と16日更新!

2018/05/18 5月16日~放送

ちょっとそこまで イベント情報

どこいくん?古地図リーフレットの旅 第3弾!
県内と島根県益田市29ヵ所で行われている
「古地図を片手に、まちを歩こう」のイベントから
今回は「小郡コース」をご紹介しています!

小郡地区の古地図リーフレットは、
「御国廻御行程記(おくにまわり おんこうていき)」という
江戸時代のお殿様、萩藩主の毛利宗広が国を回る時に使っていた地図です。
『お殿様の旅のガイドブック』といった感じでしょうか!

その古地図を片手にガイドをしてくださったのは、
吉松 達生さんと灰田 信子さん!

吉松さんは、御年86歳ながらとてもお元気!声がダンディー。
灰田さんは、生まれも育ちも「小郡」ということ!
お2人方は、普段から小郡地区のボランティアガイドとして
コースを案内していらっしゃいます。

さて小郡と言えば…
「山陽道」と島根県に続く「石州街道」が交わる
江戸時代から交通の要所であった場所です。

コースではその名残として「道標(みちしるべ)」が残されていました!
「左 萩 山口 石見」「右 京 江戸」と刻まれています。

この「道標」実は…『レプリカ』と『本物』2つございまして!笑

 

本物は個人宅にあるので勝手に見ることはできません。。
このガイドウォークだからこそ胸を張って堂々と見る事ができるわけで!!

途中、創業103年の老舗の和菓子屋さん『金子老舗』に
立ち寄り、代表的なお菓子「小郡饅頭」(1個76円)をいただきました!
薄皮に包まれた上品で滑らかな こしあんがたまらなく美味しい!!
パクパク何個でも食べれちゃうんだな~!!

ロケ日数日前から販売を開始したという
「水まんじゅう」(6個入421円)もオススメです!!

そして小郡の発展に人力したのが、幕末の豪商、秋本新蔵。
呉服・醤油屋を営みながら、庶民が参加する軍隊「小郡郷勇隊」を
立ち上げた人物です。維新の先覚者ですね!

その息子「重治郎」は、
小郡に機関車が通るよう所有する土地を無償で提供した人物!
現在の新山口駅があるは、重次郎さんのおかげなんですよ!!

これまで知らなかった小郡の偉人の話を聞けた事、
普段歩くことのない場所には、新しい発見と美味しい出会いが待っています!

これからも発展し続ける小郡の原点にぜひふれてみてください!

「古地図を片手に、まちを歩こう 小郡コース」(約2.5km/約2時間)
【開催日時】毎月第1水曜・第3土曜
【料金】無料 ※二週間前の予約
おごおり地域づくり協議会 083-976-8588